Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
晶山嵐が管理しているサイト。 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 晶山嵐(しょうやまらん)、イーストプレス出版社から小説を発行してます。     小説の挿絵を自分で作りたくて、2013年に3Dを本格的に始め、服や髪の毛、内装など作成。 そのメイキングのために、Create3D  サイトを作成。 こちらは『天川和香』のペンネームで活動しています。     匿名での質問も受け付けています。お気軽に! 質問には『晶山嵐』の名前を入れてください。 『みんなあて』の質問はスルーします。     ★★★★★★★★★★★★★★★★★  

【小説を書くために】『書き続けない』という選択。

 

小説を書くために、という記事を書き始めて約一年ぐらい?

あまりに私には普通のことだったので、まったく書くことを忘れていたことが一つ。

 

 

 

『面白くない』と思ったら『書くのをやめる』という決断。

自分で、今手がけている作品が『面白くない』と思ったら、

『手を掛け続ける』のを、やめる。

 

 

 

その決断は必要。

 

 

  • 謙遜ではなく、
  • 自分で面白くないと思った時点で、
  • その作品は面白くない。

これは絶対。

 

 

 

だって、『面白くないなー』と思いながら作ったものは

面白くならないから。

時間の無駄をしないためにも、『書くのをやめる』という決断が必要。

 

 

 

書きたいなら書き切っちゃえと何度も書いていますが

『面白くない』と思った時点で『書きたくない』でしょ?

そういうのは、書くのをやめればいいんです。

 

 

 

書き始めたから、書き終わらなきゃいけない。

それはたんなる固定観念。

 

 

 

面白くないものを完成させる必要はまったくない。

面白くないものに時間を掛けるから

面白いものにたどり着けないんです。

 

 

 

面白くないものを『捨てる』覚悟が必要。

 

 

 

『書くのをやめる』時に注意すること。

『失敗してやめる』のではない。

これを肝に命じること。

 

 

 

『面白くない』と思っているのに書き続ける理由として

『失敗したくない』があると、私は考えている。

 

 

 

『失敗したくない』という恐怖心。

自分が手がけたものを『失敗』で終わらせたくないから

『とりあえず完成』だけさせて、公開して、終わらせたい。

 

 

 

そう考えているのではないか、と思う。

 

 

 

ポジティブシンキングの記事を書き始めて気づいたというか

常々ひしひしとわかってはいたけれど

『失敗するのを凄く怖がる』人達が多い、ということ。

 

 

 

このブログでも何回も書いているけれど

『失敗』というのは『諦めた』時に『失敗』という烙印がつくのであって

『やる気になるまで放置する』ことは決して『失敗』ではない。

 

 

 

これを肝に命じないと

『したこと』が『失敗になるのがいや』だから、

手を付けたらやめられない。

 

 

 

失敗にさせたくないから、『面白くないとわかっている』ものに全力をつぎ込んで

『面白くない完成品』を作る手間を掛け続ける。

(「とりあえず完成させた、失敗ではない」という状態にするため)

そして、『あんなに努力したのに面白いものが作れない』という『自覚』だけが芽生える。

 

 

 

その上で『もう失敗するのはいや』だから、何も始めない。

 

 

 

この悪循環に陥る。

 

 

 

面白くないと思って作ったものは、面白くならない。

これは絶対。

作者だけでもその作品のファンでないと、公開する意味がない。

『作家として』力量を疑われるよ?

 

 

 

一度、『面白くない』と思った作家は、偶然が無い限り

わざわざ見ないからね。

 

 

 

『失敗』自体は恐れるようなものではない。

勿論、命がかかった失敗、は事前にできるだけ考えて避けるべき。

ヒトサマにひどい迷惑がかかるものも、できれば避けるべき。

 

 

 

けれど、あなた一人が『作品』を公開するかしないか、というのは

アマチュアの段階ではほとんど困る人はいない。

そういうことは、どんどん『失敗』して経験値を積むべきだと、私は考える。

 

 

 

 

『アマチュア』は『プロに足りない段階』ではない。

プロはお金がかかってる、人を巻き込んでいる場合も多い。

プロは失敗したら『プロ人生』を断たれる、ことが多い。

 

 

 

『今まで面白いと思った作品数』の二割の『面白くないもの』を出すと

『もう、この作家終わった』と思われて、ファンから見捨てられる。

 

 

 

プロになりたい人は特に

アマチュアの段階で『面白いものだけを完成させる』癖をつけないといけない。

アマチュアでも当然、面白くないものを連発させれば見向きもされなくなる。

けれど、そこで関わる人は大概自分一人だから、誰にも迷惑を掛けないことが多い。

 

 

 

 

あなたが『失敗』しても誰も困らない。

その状態のうちに山ほど失敗をしておくべき。

そうしないと、あなたが『失敗』したときに困る人が出てきた状態で失敗することになるから。

 

 

 

『失敗』の概念をもう一度見直そう。

『失敗』というのは『成功するまで放置している』と考えれば

『失敗した』という状態自体が『存在しない』概念でもある。

 

 

 

 

あなたが今、手がけている小説を公開しないことで、『迷惑がかかる人』はいない。

何度も言うけど、締め切りを確約したプロ以外の人の話しね。

同人誌でも、お金を頂いて本を売っているのなら、プロなの。

その自覚をまず持とう。

 

 

 

『アマチュア』なのか『プロ』なのか。

自分をアマチュアと思うかプロと思うかで、作品の完成度は変わってくる。

そして、アマチュアの段階では、締め切りが無いのだから

『今手がけているもの』を捨てても、誰も困らない。

あなたも実際には困らない。

 

 

 

ただ、『あなたのプライドが『失敗したくない』と泣き叫ぶから

あなたはそれに手を付け続けているだけにすぎない。

面白くないと理解しているのに。

 

 

 

『手を止める』ことは『失敗』ではない。

『面白くない』と思ったものを『書くのをやめる』ことは決して『失敗』ではない。

これにくっつける面白いネタを思いついたら、再開する』ために

『ストックする』ということ。

 

 

 

他の話でそのエピソードを使えるかもしれない。

『小説の素材集』が増えた、ということ。

 

 

 

  • 『これこのまま書き続けて面白くなるのかな?』
  • 『これ面白いのかな?』

そういう悩みをたまに聞く。

ツイッターでも呟いてる人多いね。

 

 

 

これを私は『謙遜』だと思ってたから読み流していた。

 

 

 

昔、『これ面白くないから』と言っていた友人の小説は

私にとって面白かったから。

 

 

 

大体、お金をかけてまで出した本の中身を

『自分が面白くない』と本当には考えていない

そう、私は考えているから。

 

 

 

 

ただ、最近、本当に

『自分の書いているものが面白くない』と思っている人がいるのではないか。

そう、感じるようになった。

 

 

 

 

『自分の書いているものが面白くない』

そう感じた時点で、それに手をつけるのをやめよう。

時間の無駄だから。

 

 

 

なぜ書くのをやめないのか?

面白くないと思っているものは、本当に面白くない。

自分が面白くないのだからたしかだ。

 

 

 

専門的な分野で、自分には普通だから面白みがわからない

というようなものではなく

娯楽作品の筈の小説で、筆者が面白くないというものは、絶対面白くない。

だって、『面白く書くはずがない』から。

 

 

 

前述のように、自分自身でも意味のわからない『プライド』の叫びに押されて書き続けているだけ。

 

 

 

プライドを守ることは大事なこと。

けれど、必要ない部分にプライドを使うと、人格全体、人生全部が潰れる。

プライドは必要な部分にのみ使おう。

 

 

 

私の例をさらす。

今、二次しかしていないので、二次での創作の話しになってしまうけれど。

 

 

 

私の、刀剣乱舞小説のフォルダはこうなってる。

20160926_00Create3D5274

黄色いのが『フォルダ』。それ以外は一枚のファイル。

 

 

 

キャラ別に思いついたネタをメモ。

文章になりそう(小説ではなく)なものは『全員ネタ』に書きたい所だけ書く。

20160926_00Create3D5275

↑『ちさろう』というのは友人からのリクエスト。

 

 

 

小説を書いている間に、『今この小説ではいらないな』って部分を抜き書きしたのもここにある。

 

 

 

思いついたネタに関して、

参考資料とか、これ同じ話しでいいよね、とかで

ファイルが複数になったら

フォルダを作ってそこに投げ込む。

20160926_00Create3D5276

↑現時点で、pixivでupしているのは

『歌仙の夢』『玉手箱』『湯屋』『同田貫 赤』のみ。

他のは書きかけというか、

私の感覚的に言うと『パンチがきいてないのでまだ公開していない』もの。

 

 

 

なんて説明したらわかりやすいかな。

クライマックスが無い、というのかな。

『ネタ』には序章とか、クライマックスとかないから。

 

 

 

そのネタを使って、クライマックスのあるまとまり、ができたときだけ書き上げる。

その『クライマックス』を思いつくまでは、ネタを書き留めたまま放置。

日々山ほどネタ思いつくから、思いついたネタ全部仕上げようとかはなから考えていない。

面白いネタだけを話にする。

 

 

 

 

『湯屋』ってこのシリーズ ↓

「『湯屋』シリーズ」の画像投稿作品の検索 [pixiv]

小説 『湯屋』シリーズの小説・SS一覧 [pixiv]

20160926_00Create3D5277

↑紫のが、公開したもの。

この段階でも、公開したものの方が少ない。

ネタは日々増えるけど、『公開するレベル』にならないものはずっと寝てる。

思いつけば手を入れるけれど、つかなければずっと『ネタ』のまま。

 

 

 

 

↓これは『力仕事させると男性ホルモン強くなる→性欲強くなる』ってので

20160926_00Create3D5278

歌仙がタヌキに力仕事をやめさせようとする

という『ネタ』で書き始めたものの

全然別の方向にいって取り止めが付かなくなったw

 

 

 

歌仙とタヌキのエロシーンだけ↓こっちで独立させた。

「【刀剣乱腐】『中天の君』狸歌」/「晶山嵐」の小説 [pixiv]

独立させたら、そこまで全然無かった↓この話が突然産まれた。

「【刀剣乱腐】『中天の君 2』狸歌」/「晶山嵐」の小説 [pixiv]

 

 

 

 

ナニが言いたいかと言うと

私は結構速筆だと思われているらしい。

 

 

 

3dやってる間小説書いてないので、最近は間が空いてるけど。

それでも、公開する小説の10倍はストックがあって、

その8割は一生死蔵になる。

 

 

 

だって、面白くならないから。

 

 

 

速筆だと言われる私でも、公開した十倍の死蔵が出るの。

あのできでも、『中でも良いもの』を公開してるのw

 

 

 

 

『面白くない』といいながら『書き続けている』人は

『死蔵』にするのが嫌なんだと思う。

 

 

 

それはわかるよ。

書いたものは全部公開したいよね。

 

 

 

でもね、『書いたもの全部が面白い』のは『天才』なんだ。

『小説の書き方』を読んでいる時点で、あなたは『天才』ではなく『秀才』なんだ。

天才ではないなら、天才の真似をしようとしてはいけない。

 

 

 

『公開』できる作品は氷山の一角でしかない。

『氷山の一角』って有名な言葉だよね。

氷山は9割が水面下で、水上に現れているのはごく一部ってこと。

20160926_00Create3D5279

小説を始め『作品』もそういうもので

『公開して良い』レベルの作品なんて、『氷山の一角』なんだよ。

 

 

 

『書いたもの全部を公開する』前提でいるから

『面白くない』と思っているものでも書き続けてしまうの。

 

 

 

はっきり言うと

あなたの作品の9割は面白くないの。

だから、公開しなくていいの。

 

 

 

それはあなただけじゃなく、私も、他のプロも、みんなそうなの。

 

 

 

ただ、発表するものすべてが『認められる』のがプロなんだけど

彼らの中で『これは面白くない』という『見切り』が早いから

それに手をつけないから、『ネタの死蔵』がものすごく多いだけ

なんだよ。

 

 

 

『アマチュア』は考え続ける。『プロ』は捨てる。

ガイアの夜明けだったかな? スガシカオさんが作曲するのをずっと撮影していたシーンがあった。

「いいものが思いつかない」というようなことを彼は言っていた。

 

 

 

ここで注目すべきは

『思いつかない』から悩んでいる。

のではなくて

『いいもの』が思いつかない、から考えている、

ということ。

 

 

 

『いいものが思いつかない』ということは

『悪いものは思いつく』ということ。

 

 

 

あのうんうん唸っている間に

10個100個1000個10000個と、と『フレーズを思いついてる』。

けれど『そのどれも公開するレベルにない』から『捨ててる』。

だから『「いいもの」が思いつかない』なんだよ。

 

 

 

 

アマチュアがうんうん唸っているのは

『いいもの』が思いつかないのではなく

『何も』思いつかない

ことが多いと思う。

 

 

 

何も思いつかないから、『一つ思いついた』ことを『完成』させたがる。

それが『良いか悪いか』の取捨選択をせずに。

 

 

 

『面白くない』と思った時点でそのネタは『悪い』のに

他のことを思いつかないから『悪いネタ』に時間を注ぎ込んで駄作を作る。

 

 

 

結果的に駄作になるとか

人の好みの問題で、誰かから駄作と思われるのは仕方ないけど

  • 自分が駄作だと思っているのに
  • 駄作を時間掛けて完成させて
  • 駄作を公開してはいけない。

あなたの人生の無駄だから!

 

 

 

悪いネタは捨てないと、良いネタが浮かばない。

思いついた『悪いネタ』を『捨てる』と、『他にネタは浮かぶ』んだよ。

だって、前のネタは捨てたんだから!

 

 

 

これを、『ネタを捨てられない』人はわからないの。

だって『次のネタは出ない』と考えているから。

 

 

 

次のネタなんて出ないと思っているから

唯一浮かんだそのネタを完成させたいの。

それが良いか悪いかじゃなく

唯一思いついたことだから。

 

 

 

 

弱肉強食ってあるやん?

弱いものが滅びるから、強いものだけが残るんだよね。

ネタも一緒なの。

 

 

 

たくさんだして、その中で良いものを『勝ち残らせる』必要があるんだよ。

ネタ選手権に勝ち残ったモノだけに時間を掛ける

ということが必要なんだ。

 

 

 

たった一つだけを完成させてちゃだめなの。

 

 

 

それが『面白い』と思っているなら完成させた方がいいけどね。

 

 

 

 

普段の生活で考えてみて?

  1. リビングに壊れかけた大型テレビがある。
  2. すぐに付くときもあるけど、付かないときもある。
  3. 付かないときは、30分ぐらい画面が付かないまま電源入れてるとつくことが多い。
  4. つくから、買わない。

 

このテレビの場合、

『このテレビを捨てる』算段をとらないと、新しいテレビ買わないよね?

だって、壊れ掛けてても映るテレビがあるんだから、

お金かけて新しいテレビ買うのいややん?

 

 

 

 

これが、創作でも成り立つの。

『悪いネタ』でもすでにネタがある場合

それを捨てて『新しいネタを考える労力』を取りたくないから

『悪いネタ』を捨てないの。

 

 

 

古いテレビは捨てないと、新しいテレビを買えないの。

悪いネタは捨てないと、良いネタは浮かばないの。

 

 

 

そして、ネタに関して言えば、次に思いつくネタが『良い』可能性は低いの。

なぜなら、

↓九割は死蔵(悪いネタ)なんだから。

20160926_00Create3D5279

10個ネタを考えて、一つだけが良いネタ、なの。

つまりは、今ある『悪いネタ』を捨てたからと言って

次に思いつくネタが『良い』確率は、9分の1なわけ。

 

 

 

次も、次も次も、次も、『悪いネタ』だった場合

もう、ネタ出すの疲れるよね?

でもね、まだ五回しかネタを出してないの。

最悪、あと四回『悪いネタ』を出さないと、『良いネタ』は来ないの。

 

 

 

ほとんどの人は3回頑張って駄目だったら諦めると思う。

 

 

 

 

そして確率ってのはあくまでも統計上の問題であって

50%の確率でも、3回続けてはずれることはあるの。

 

 

 

 

 

 

 

逆に言うと、氷山の一角は『1割、10%』なのね。

つまりは、『ストックを多くすれば、公開できる作品は増える』ということ。

 

 

 

これは『しなければいけない』というレベルの問題ではなくて

大体は、『自分の作るものの一割しか「自分が認めない」』という話し。

 

 

 

他人から見て面白い面白くない、ではなくて

自分のプライド』からみて『許せるネタというのはそのレベルなの。

だって、『良いものを出したい』から。

 

 

 

面白くないものは出さない、公開するなら堂々と!

「よくあるネタだけど」「何番煎じだけど」って、

本当によくあるネタを、言い訳書いて公開する人がいるよね。

 

 

 

その人の絵で見られるから、それはそれで楽しいのに

なぜそんな言い訳をわざわざ書くのか、といつも思う。

 

 

 

言い訳するなら公開しない。

公開するなら堂々とする。

 

 

 

それだけの話なんだよ。

 

 

 

言い訳してでも公開したのは

『書きたかったから』でしょ?

書きたいもので、自分が面白いと思えば公開すればいいの。

あなたのファンは、王道ネタで、他で一万回見たネタだとしても、

あなたの絵で見られることを喜ぶから。誰に遠慮する必要もないの。

 

 

 

問題は『自分が面白くないと思っているものを公開する』ことだけなんだ。

公開するのはどうでもいいけど

それに時間を費やすのは、人生の無駄なの。

 

 

 

自分の作品に対して『これ面白くない』と言える人は伸びる。

『これ面白くないよね』と『自分の作品』に対して『思える』人は

『客観性』がある。

 

 

 

それがなければ、

自分の作ったものは全部がこんなに面白いのに

なんで認められないんだっ!

って、ヒスを起こすことになるわけ。

 

 

 

客観的に見て面白くないから、注目されないんだよ。

 

 

 

その客観性を先に自分の作品に使うから

『面白くない』と『思う』わけ。

 

 

 

だって、自分はプロの書いた一流の『面白い』話しか読んでいないから。

自分の書いたアマチュア作品が『面白くない』のは当然なんだよ

プロじゃないんだから。

けれどそれを自分に許せないのが、

『天才だと勘違いしているアマチュア』なんだ。

 

 

 

アマチュアにはアマチュアならではの面白さがある。

プロの基準から見て自分の作品を断罪しない。

昨日の自分と比べて、自分の作品に客観性を使って判断する。

 

 

 

過去の自分の作品と比べて『面白いかどうか』を客観的に判断する。

決して、すでに小説で食べているプロと比べてはいけない。

そんなことをしたら、初心者は誰一人初心者から脱出できない

 

 

 

初心者が全部ゴミですか?

違うでしょ?

将来プロになるかもしれない。

将来その分野を背負うかもしれない。

けれど、今は初心者で何も知らないだけ。

 

 

 

その作品を、プロと比べて『下手』だと罵る

その神経こそが責められるべき。

 

 

 

それを、客観性を持っている人は自分でしてしまう。

だから、初心者のうちに筆を折ってしまうの。

 

 

 

 

『面白くない』と思ったネタは捨てる。

ここで一度、そのネタを捨てる。

これに追加できる面白いネタが浮かぶまで手はつけない』と自分に約束して、捨てる。

だから、次にそれに手をつけるときは『面白いネタができたっ!』状態だから

手を入れて『面白くする』ことができるわけ。

あなた自信が『面白い』と思っているから。

 

 

 

『面白くない』と『思っている』状態で手を掛けては駄目、という理由はこれ。

 

 

 

↓水面下の塊が大きくなればなるほど、氷山は大きくなる。

20160926_00Create3D5279

死蔵するネタが多くなればなるほど、あなたが公開する作品は『面白い』ものになる。

この法則を崩せるのは天才だけ。

 

 

 

『悪いネタ』を『捨てて良い』と自分を許す、ということ。

  • 思いついたネタは仕上げなきゃいけない。
  • 途中で投げ出してはいけない。
  • 手を付けたことは完成させなければならない。

その先入観をまず捨てましょう。

 

 

 

『面白いネタ』以外は、手をかける価値はないんです

あなたの人生に対する時間は有限なのですから

『面白い』ことにのみ注力することで、気力は無限に増えます。

だって、面白いことしかしていないのですから。

 

 

 

ゲームを衣食住忘れてプレイする人がいるでしょう?

なぜでしょう?

生活するよりゲームをする方が楽しいからですよね?

 

 

 

あなたの中から面白い作品が作れるとわかったら

何をするより、あなたは『作品を作っている』時間が楽しいですよね?

 

 

 

  • なぜ、今、楽しくないのでしょう?
  • なぜ、小説を書くことが苦行なのでしょう?
  • なぜ、『一日一時間は小説を書く』などと、自分に拷問を課さなければならないのでしょう?

 

楽しくないからですよね?

『面白くない』と断罪したネタを完成させようとしているからですよね?

 

 

 

『これ面白くない』と思った時点で『ストック』ボタンを押してしまいましょう。

『死蔵』になるのですから『捨てる』と考えればわかりやすいのですが

部屋を片づけるときに『捨てる』ことができない人は

ネタも捨てられないですね。

 

 

 

捨てることができないから、倉庫を借りてそれらを保管したり、住居スペースを削られたりしますよね。

二度と使わないのに。

 

 

 

『二度と使わない』ものは『ゴミ』だと確定して『捨てる』と

倉庫にお金を使う必要も無いし、住居は広々と使えます。

 

 

 

おなじことで

『面白くないネタ』は、『今は考えない』とすることで

脳のスペースをカラにできます。

 

 

 

脳がカラになるから、新しいネタを考えつきます。

それも面白くない場合『ストック』ボタンを押して、どんどん頭から追い出してしまいしましょう。

 

 

 

『ストックボタンを押す』ということは

とりあえずメモだけして忘れてしまう、ということです。

 

 

 

忘れてしまえばいいんです。

だって、面白くないんでしょ?

 

 

 

あなたが面白くないと思ったものを

あなたが完成させる意味なんて、まったくないんです。

どんどんネタはメモして忘れてしまいましょう。

 

 

 

面白いと思ったものだけ手を掛けましょう。

手を掛けている内に面白くないと思ったら、それ以上手を掛けるのをやめましょう。

 

 

 

楽しんで小説を書いてください♪

楽しくないときは書かないで。

絶対に、面白いものにはならないから。

 

 

 

楽しんで♪ ヽ(´▽`)ノ

 

 

 

【小説を書くために】『書き続けない』という選択。

でした。

 

 

 

【この記事を書いた日 2016/09/27 14:28 】

JUGEMテーマ:小説を書くために

Comment
===================================================








   
Trackback
この記事のトラックバックURL

..
↓3D関係は↓
↓こちらに引っ越しました。↓

3DCG制作作業日記
-天川和香-WakaAmakawa

今後、こちらに3D関係の記事は上がりません。

今後、3Dの記事はこちらから削除していきます。

●小説のプロットに何のソフトを使うか。

●小説を書くために



昨日よりちょっとラッキーな今日♪
English Version
Automatic translation.

アマゾンタイムセール

多更新カテゴリ
小説を書くために
ポジティブシンキング
日記


スマートフォンでも読める晶山嵐の本(BL)
晶山嵐(晶山嵐子)の著書
晶山嵐(晶山嵐子)の著書
晶山嵐(晶山嵐子)の著書
最新記事
カテゴリー
過去記事
ブログオーナーの正体
Search
Others
Mobile
qrcode
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
人気ページランキング
ブログパーツ アクセスランキング